価格はどう決まる|不動産選びは引っ越しを決めた時点がスタート
積木

不動産選びは引っ越しを決めた時点がスタート

価格はどう決まる

集合住宅

商売とは駆け引きが付きものです

不動産の価格を絶対的に決定つける要因はありません。あくまでも買い手と売る手が自分たちの欲求に見合う価格で折り合うかどうかです。 その為お互い様々な情報を取得し相手の希望する価格がこちら側にとって有利か不利かを判断します。 例えば土地を二分し片方の坪単価ともう片方の坪単価が同一ということは同じ日に取引をしたり両方の買主が知り合いならあり得ますがそうでない場合はまずないでしょう。 物の値段、特に不動産価格は例外的な場合を除き刻々と変化するものだと認識するべきでしょう。 売り手とすれば売るタイミングを逃さない為にまたは先回もう少し高く売ればよかったとかの思いを常に抱いているものです。 売り手買い手の相性もあるかも知れません。それが商売というものです。

価格決定には仲介業者の役割も大きい

不動産を売り手は高く売りたい、買い手は安く買いたいと常に考えるものです。不動産以外でも同じ事です。 取引の最中様々な駆け引きをします。特にオークション等になると周りの雰囲気で価格は刻々と変化します。 よく相場は幾らだがの表現が当たり前のように使われますが相場とは確たるものではなく常に曖昧なものです。個人個人によって相場観も違うものです。 相場とは買い手と売り手の間の駆け引きの材料でしかありません。 不動産を買う際においても中に仲介者がいれば仲介者によって価格が違うこともよくあります。 売り手に有利な仲介をする人買い手に有利な仲介をする人を見極めることが重要です。 不動産売買では仲介業者の力関係によって価格も違ってきます。