ローン滞納でブラック|不動産選びは引っ越しを決めた時点がスタート
積木

不動産選びは引っ越しを決めた時点がスタート

ローン滞納でブラック

模型

任意売却で気をつけること

任意売却は、競売に比べてはるかにメリットがあり、現在は住宅ローンが払えなくなったときの一般的な解決方法としてとられることが多くなっていますが、注意点もあります。任意売却は、住宅ローンを滞納することには変わりはありませんので、個人信用情報に、延滞の情報がのってしまいます。延滞が3ヶ月以上続くと、事故情報が登録され、いわゆる金融ブラックの状態になってしまいます。これはもちろん競売になったときも同様です。任意売却によってブラックになるのではなく、住宅ローンを3ヶ月以上滞納することによってブラックとなるのです。そのことによって、しばらくはクレジットカードやローンの審査に通らなくなるので注意が必要です。金融ブラックの状態は、完済してから5年間が経つまで続きます。メリットと、デメリットを総合的に考慮して、任意売却をするかどうかを決める必要があります。

知っておくとよいこと

任意売却では、売却後もその家に住み続けられることがあります。家族間売買・親族間売買をした場合や、理解のある投資家に購入してもらった場合などは、交渉によって売却後もその家に住み続けられる可能性が出てきます。もちろん家賃などは支払う必要があります。また、引越し代や当面の生活費なども交渉しだいで捻出できることもあります。 このように、任意売却では、依頼する任意売却専門業者の能力次第で、さまざまな解決方法をとることができます。そのため、経験豊富で信頼のできる専門業者に依頼することがお勧めです。 任意売却を相談するときは、できるだけ早めに相談することが重要です。いくら能力のある業者でも、時間がなければなにもできないということもあります。早めに相談すればするほど、できることが増えていきます。